メディア営業部
マネージャー
菰池 篤志
Atsushi Komoike
2011年入社
私はセールスプロモーション事業部の立ち上げで、2011年に入社し、昨年までセールスプロモーション事業部のマネージャーとして日々業務に取り組んでおりました。そして2014年、新たな事業の立ち上げメンバーとして、メディア営業部を発足し、事業を成功に導くために日々仕事をしています。メディア営業部で携わっている企画の中の1つとして、自社メディアサイト「Charismata.TV」があります。その中で「あなたの街のカリスマに会おう」をコンセプトにしたプロモーションサービスを展開して世に広めていくために、ビジネスモデルからサイト構築、営業資料、営業
戦略など、営業部メンバーたちと熱い議論を交わしています。新事業は、もちろん何もないところからのスタートですので、全ての業務を自分たちで行う必要があります。また、今は時代の流れが速い分、流行やうねりにアンテナを張る必要がある事もさることながら、自らうねりを創り出す力強さや圧倒的なエネルギーが必要です。今までボードステーションという「形のあるもの」をどのようにすれば広がるのかを考え業務をこなしていた分、ITに対してはほとんど知識がない状態からのスタートでした。何も知らないで何かを作ることはできないので、業務の合間をぬってインターネット、本など
を読み漁り知識を蓄える作業を今もなお続けています。新しいもの・・・つまり世の中にないものを生み出していく作業は想像以上に苦しい作業になります。休みの日も24時間寝るとき以外はどうすべきかを考え続けています。1日でも早く事業を軌道に乗せることが私の役目だと思っていますので、いくらあっても時間が足りないというのが現状でしょうか。だけど、新しい事を生みだす機会を頂けている事は、自身に
とって本当にプラスだと感じています。苦しい分、成長スピードを自身で実感しており、半年前では考えもつかなかった事が今では当たり前のようになっている。新規事業のやりがいを感じる一つです。また、自分たちで考え生まれたサービスが形となりお客様に賛同頂けた時の喜びはなんとも言えないもので「これを経験できるって本当に幸せ者だな」と、思っています。新しいモノを生みだす苦しみも、それを超えるほどの喜びも、挑戦した者でしか味わえない経験ですし、失敗を恐れて何もしないままじゃ、成功も100%手に入りませんからね。今後の会社の拡大にはメディア営業部の成功が必要
だと思っております。その為にも、まずは1日でも早くメディア営業部を採算ラインまで持っていき、セールスプロモーション事業部の時と同じように組織の拡大、支店展開を行っていきたいですね。そして、「Charismata.TV」を誰もが知っているサイトにし、グッドライフOSではなく「Charismata.TVの会社」と周りから言われるぐらいまで拡げていきたいと思います。また、自分自身リーダーとして日々成長し続けることを疎かにせず、誰も見たことのないものを世の中に輩出し続け、世の中の常識をブチ壊すエネルギーの塊のような集団を作っていけたらと思っています。